VIO脱毛する際のマナー・注意点

VIO脱毛マナー

日本人の女性はここ数年で美意識が高まってきている傾向があります。

薄着をする時に肌を露出する事が多い腕、脇、脚はもちろんですが、アンダーヘアも脱毛して処理するようになってきています。脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けるとすごく綺麗に処理する事が出来ます。

VIO脱毛の需要も高まってきているので実際に施術を受けてみたいと考えている女性も多いでしょう。しかしVIO脱毛の施術を受ける時はマナーがあるのでしっかり守らなければいけません。

そこでどのようなマナーや注意点があるのか確認しておきましょう。

生理じゃない時に施術を受ける

脱毛サロンでは脱毛する部位によっては生理中でも施術を受ける事が出来るようになっています。その影響で生理中でも予約をしていたのでそのまま施術を受けてしまう女性もいます。

しかしデリケートゾーンに生えているアンダーヘアを脱毛する時は支障が出てしまうので控えなければいけません。

生理が来ると出血する事も多くなるので施術台に血液が付着してしまいます。施術台はしっかり消毒してあるものの他の人も施術を受ける時に使用するので感染症のリスクが高まってしまうのです。

生理中はVIO脱毛の施術を受けるのを控えるのは基本的なマナーになるのでしっかり守るようにしましょう。

事前の自己処理は指示通りに行う

脱毛サロンで全身脱毛の施術を受ける時は事前に自己処理をしなければいけません。自己処理をすると光を照射した時の脱毛効果も高まるので効率良くムダ毛を処理していく事が出来ます。

しかしデリケートゾーンは他の部位に比べて皮膚が薄いので無理な自己処理をすると傷つけてしまう可能性があります。深く傷つけてしまうとVIO脱毛の施術を受けられなくなる可能性もあります。

カウンセリングでどのぐらい自己処理をすればいいのか指示してくれます。VIO脱毛の施術を受ける前の自己処理は指示通りに行う事もマナーになっているのでしっかり守るようにしましょう。

デリケートゾーンを清潔にしておく

日常生活の中で常に下着を履いているのでデリケートゾーンは通気性が悪くなり蒸れやすい状態になっています。その影響でデリケートゾーンが不衛生な状態になり強い臭いが発生している事も少なくありません。

VIO脱毛の施術を受けている時にデリケートゾーンから強い臭いが発生していると担当してくれるエステテシャンも困ってしまいます。施術を受ける前にデリケートゾーンを清潔な状態にしておくのもマナーとなっているのでしっかり守るようにしましょう。

施術前に飲酒をしてはいけない

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける時は担当のエステテシャンにデリケートゾーンを見られる事になります。エステテシャンは女性ですが、それでも見られるのは恥ずかしいと思ってしまう人もいるでしょう。

恥ずかしさを少しでも紛らわすために飲酒をしてから施術を受けようとする人が少なからずいます。しかし施術前に飲酒をしてしまうと吸収されたアルコールによって皮膚が紅潮しやすくなってしまいます。

それにより光を照射している時に肌トラブルが起こる可能性が高くなります。すごく危険なので脱毛サロンではVIO脱毛の施術を受ける前に飲酒をしてはいけないというのもマナーとなっています。
守らないと施術を断られてしまうので注意しましょう。

【まとめ】VIO脱毛の施術を受ける時のマナー

VIO脱毛の施術を受ける時のマナーは

  • 生理じゃない時に施術を受ける
  • 事前の自己処理は指示通りに行う
  • デリケートゾーンを清潔にしておく
  • 施術前に飲酒をしてはいけない

の4点あるのでしっかり守るようにしましょう。

また脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける時は準備をする時の時間が多少必要になります。予約時間より少し前に来店してしまうと準備をする時に慌ててしまう事も少なくありません。

予約をしている時間より30分ぐらい前には来店して時間に余裕を持って施術を受けるようにしましょう。

関連記事:VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違いやメリット

サブコンテンツ

このページの先頭へ