脱毛サロンの痛みはどんな感じ?痛みを感じやすい部位はどこ

痛み

これから脱毛に通う人に取って、一番気になるのが施術時の痛みです。
耐えられないほど痛かったらどうしようと不安に感じてる人もいるはずです。

脱毛サロンはクリニックに比べると痛みは弱いですが、全く無痛とまではいきません。
そこで、どんな感じの痛みか、どこの部位が痛みを感じやすいのかを紹介しましょう。

脱毛サロンの痛みはどんな感じ?

痛みの感じ方は人それぞれで、個人差が大きいです。ほんわかと温かく感じる程度ですむ人もいれば、輪ゴムでパチンと弾かれるような痛みを感じる人もいます。

熱で毛根にダメージを与えていきますから、熱による刺激で照射時にパチっとした刺激を感じてしまいます。痛みの度合いは人それぞれですが、脱毛サロンなら耐えられないほど痛いというケースはまれです。

もし痛みが強いようなら遠慮せずにスタッフに申し出れば、出力を弱くしてくれたり冷却ジェルを増やしたりなど対処してくれます。

痛みを感じやすい部位

チェック 一番痛みを感じるのはデリケートゾーン

脱毛サロンは毛に含まれるメラニンに反応する光を当てて、毛に光が吸収されると熱となって毛根などにダメージを与えていきます。

メラニンを多く含む部位ほど毛穴の奥が熱くなりますから、毛が太くてたくさん生えている部位ほど痛みを感じやすいです。

また、脂肪が少なかったり皮膚が薄い部分ほど、ダイレクトに刺激を受けやすく痛みも強くなります。つまり、一番痛いと感じるのはデリケートゾーンです。

アンダーヘアはもっさりと濃くて太い毛が密集して生えていますし、皮膚が薄くて刺激に弱い部分です。

体の他の部分は大して痛みを感じなくても、VIO脱毛だとある程度毛量が減るまで痛みを多少感じる場合があります。

チェック ムダ毛の太いワキも多少痛みがある

人によりけりですが、ワキも結構太くて濃い毛が生えていますから、デリケートゾーンほどではありませんが、少し痛みを感じる場合があります。ワキは脂肪が多く付いていますし、範囲も狭いですから、それほど痛みの心配はしなくても大丈夫です。

一瞬ピリっとするような刺激を感じたりしますが、VIOに比べれば痛みの度合いははるかに弱いです。ワキ脱毛から脱毛を始める人が多いですから、少しは痛みがあると知っておきましょう。

チェック 骨ばったひざも多少痛みがある

ひざ下脱毛はほとんど痛みを感じる心配はありませんが、ひざ小僧は例外です。やや太めのムダ毛が生えている場合が多く、皮膚が薄くて骨に近いですから、ほんの少し痛みを感じる人もいます。

ワキよりも痛みは弱いですが、光を照射した瞬間に熱いとか刺激を感じてしまうこともあります。他の部位に比べると毛の密集度も低いですから、ほんの少し痛みがある程度です。

チェック 産毛はほとんど痛みを感じない

腕や背中、お腹など、産毛のような細くて薄い毛は痛みの心配は全くありません。

吸収される光の量が少ないですから、それほど毛根も熱くならず、人によっては温かくて心地いいと感じる人もいるくらいです。顔の産毛も同様で、ほぼ無痛の脱毛が受けられてしまいます。

脱毛サロンで痛みを感じやすい人の特徴

太くて毛が密集していたり、肌が乾燥しやすい人ほど痛みも強く感じてしまいます。剛毛な人や毛深い人、乾燥肌や敏感肌の人ほど痛みを感じやすいです。

また、肌のメラニン量が多くなると、ムダ毛だけでなく肌にも多少光が吸収されてしまいます。その影響で痛みも感じやすくなりますから、少し日焼けしていたり元々色黒の人は痛みの度合いも強くなります。

痛みがないSHR脱毛

痛みに敏感だったり極度に肌が弱い人などは、普通の脱毛サロンでは痛みが強すぎる場合もあります。

そんな方は新しい脱毛方法のSHR脱毛を行っている脱毛サロンで脱毛しましょう。ターゲットがメラニンでなく、高温にならない脱毛機での施術ですから、ほぼ無痛の脱毛ができてしまいます。

SHR脱毛を採用している脱毛サロンはこちらだけ⇒ ストラッシュ(横浜西口店・横浜アネックス店)の特徴や口コミ、店舗情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ