脱毛サロンの掛け持ちするメリットとデメリット

サロンかけもち-女性

脱毛サロンで施術を受けるなら、掛け持ちも検討してみると良いでしょう。
2つ以上のサロンにて、施術を受けてみる訳です。

そもそも脱毛サロンにて施術を受けるなら、もちろん料金は支払う事になります。無料ではありません。多くの箇所に対する施術を受けるなら、20万円以上になる事もあります。その料金は、できるだけ節約したくなる事もあるでしょう。

脱毛サロンによる施術は、それぞれ料金の数字は異なるのです。合計数字を考慮してみますと、単独のサロンで施術を受け続けるよりは掛け持ちの方が安くなる場合があります。

例えばAとBという2つのサロンがあるとします。
Aの場合は、パーツCとDに対する料金は、それぞれ5万円と8万円です。それに対してBというサロンは、6万円と7万円だとします。

この場合は、パーツCに対する施術をAにして、パーツDをBにする選択肢があるのです。明らかに、その方がお得になるからです。Aというお店でCとDの施術を受けると、もちろん合計料金は13万円になります。Bというお店も合計13万円なのです。

ですから単独のサロンで施術を受ける分には、どちらも料金は変わりません。

しかし上述のように掛け持ちしますと、合計料金は12万円になる訳です。Aは5万円でBは7万円ですから、合計12万になります。単独のサロンで施術を受けるよりは、1万円お得な計算になります。

ただし実際には、もっとお得になる事も多いです。多くのパーツに対する施術を、2つ以上のサロンでかけ持ちすれば、10数万円以上お得になる場合があります。ですからサロンに対する料金を節約したいなら、掛け持ちも検討してみる価値があるでしょう。

掛け持ちする際の注意点

掛け持ちには、2つの注意点があります。
両方のお店にて、1つのパーツに対する施術を受けるのは意味がありません。

例えばCというパーツだけに対する施術を検討しているとします。そのCという1つのパーツですと、AとBという2つのお店にて施術を受けるのは、あまりおすすめできません。かえって料金が高くなってしまうからです。

掛け持ちするなら、あくまでも別々のパーツに対する施術にする方が良いでしょう。各サロンの料金体系などをよく比較し、お得な組み合わせを考える必要はあります。

カウンセリングなども受けてみて、各サロンの料金を比較してみると良いでしょう。

また掛け持ちには、デメリットもあります。手間が大きくなってしまう可能性です。

AとBという2つのサロンが、それほど遠く離れていないなら、確かにかけ持ちも前向きに検討してみる価値はあります。しかし、その2つのサロンが少々離れている時は、やや慎重に検討する方が良いでしょう。

サロンが離れていると、移動距離も長くなってしまい、かえって労力が大きくなってしまう事があります。手間が大きくなると、脱毛の施術を続けるのが難しくなってしまいかねません。通う労力なども考慮し、掛け持ちを検討すると良いでしょう。

予約も軽視できません。脱毛サロンで予約を取るのに、苦戦している方々はとても多いです。というのも大人気のサロンですと、やはり予約の件数も多くなる傾向があります。

かなり粘ってみても、なかなか予約が取れないサロンも珍しくありません。ただ予約が取りづらいと言っても、1つのサロンだけなら、何とかなる事もあります。

しかしサロンが2つ以上になってしまいますと、予約のハードルも高まってしまう訳です。あまりにも予約が取れない時には、むしろサロンの乗り換えで検討する方が良い事もあります。ですからサロンの掛け持ちには、デメリットはあります。

しかし料金が10数万円以上安くなるメリットは、確かに大きいです。たとえデメリットがあっても、サロンの掛け持ちを検討している方々も、少なくありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ