光脱毛3種類とその特徴や違いについて

光脱毛機器

光脱毛技術が広く浸透したことによって気軽に脱毛施術を受けられるようになりました。
クリニックとは異なり全国各地に店舗を展開する脱毛サロンが複数存在し、郊外に住んでいても通いやすいお店があるというのがメリットです。

お得なキャンペーンが頻繁に行われていることもあり、それを利用して長年のコンプレックスの解消のために脱毛を始めるというかたが年々増えてきています。

ただ、そんな脱毛サロン選びをする際、つい利便性や施術にかかる費用にばかり注目しがちですが、実は一口に光脱毛といっても脱毛サロンで使われている機器によっていくつかの違いがあることを知っておいてください。同じように光を利用して脱毛ができても、得られる効果やその特徴が異なってくるのです。

まず、多くの脱毛サロンで導入されている代表的な脱毛機器がIPL脱毛SSC脱毛の2つになります。他にも近年新しく登場した、従来の方法とはなったく異なる光を利用したSHR脱毛にも注目が集まっており、これらのそれぞれの違いを頭に入れた上で、脱毛サロン選びの参考にするのがおすすめです。

3種類の光脱毛(IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛)違いと特徴

チェック IPL脱毛

IPL脱毛はキセノンランプを使った脱毛機器で、元々はサロンでフェイシャルエステに利用されていた機器を応用したものになります。そのため、脱毛効果を得られるだけではなく、施術を繰り返していくことで美白、美肌、小ジワ解消効果を副次的に得られると女性に喜ばれているのが特徴です。

そういった意味でも脱毛サロンとは相性がいい機器で、広く導入されていることにも納得がいくでしょう。

脱毛の仕組みはとても簡単で、黒色に反応する可視光線を肌に当てることでムダ毛の毛根にのみ高熱を発し、内部の発毛組織である毛乳頭を熱ダメージで弱らせていくという方法になります。何度も繰り返してダメージを蓄積させることで、再生能力を弱めていくのが目的です。

国産の多くのIPL脱毛器は照射ヘッド自体が冷えるようになっており、ジェルを使わずにスピーディーな照射が可能となっています。

また、光を使った方法の中では脱毛効果が最も高いとされているのもこのIPL脱毛ですので、ムダ毛が濃いかた、なるべく早く施術を終わらせたいというかたに向いています。

チェック SSC脱毛

一方のSSC脱毛の特徴は、抑毛効果のあるジェルを塗った上で光を照射していくというものです。

抑毛成分フィニリーブが配合されたビーンズ入りのジェルを施術部位に塗った上で光を照射し、成分を毛穴から浸透させることで少しずつ脱毛を行っていきます。

同様にメラニン色素に反応する光を利用しますが、IPL脱毛に利用されているキセノンランプよりも肌に優しく作用するクリプトンライトというものが使われていて、痛みが少ないのもメリットです。また、フィニリーブには女性には嬉しい保湿性もありますので、肌を労わりながら施術をしていきたいというかたにおすすめします。

チェック SHR脱毛

そして、近年新しく誕生したのが、これまでのメラニン色素に反応するタイプとはまったく異なるSHR脱毛です。SHR脱毛器から照射された光は毛包に直にアプローチし、発毛システム自体を弱体化させるという方法になります。
SHR脱毛について詳しくコチラ⇒ 従来の光脱毛とは異なるSHR脱毛による施術効果

そのため発する熱は低温で、IPL脱毛やSSC脱毛のように毛周期に合わせて2ヶ月、3ヵ月後との間隔を空けての施術は必要なく、早ければ2週間に1回の脱毛を行うことが可能です。脱毛完了までの期間を大幅の縮めることができ、また、黒い色に反応しないため日焼け肌にも施術できるのが利点になります。

こう並べるといいことばかりですが、新しい脱毛機器であることから導入しているサロンが極端に少ないこと、歴史が浅いことから今後何年も経ってからの毛の再生率にハッキリしたことがいえないというデメリットもあります。

いずれの方法も永久脱毛ではありませんが、自分の肌質や希望に合った方法で脱毛していけば、満足の行くツルツル肌を作っていくことは十分に可能です。
脱毛サロンを選択する際には、忘れずに導入されている脱毛機器のチェックをしてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ